オンカジとパチンコと束子

パチンコ・スロット・オンカジ攻略情報サイト

カテゴリー

ホル〇ン?なにそれ美味しいの?

ホールコンピューター略してホルコン

パチ屋で働いた人ですらその存在を

確かに感じれないシロモノ

もはや都市伝説と言ってもいい

だけどもありました・・・特許申請に!

パチンコの抽選の仕組みを知りたくて

何千何万もある中から!たまたま!

まずはその特許をご覧ください!!

 

出願番号:特許出願2001-120009
出願日:2001年4月18日
公開番号:特許公開2002-306796
出願人:株式会社平和
発明者:鏑木 尚人
発明の名称:遊技機管理システム及び遊技機管理装置
用動作プログラム
【課題】
遊技機の稼動状態に偏りが生じないようにする。
【解決手段】
遊技機管理装置1000は、遊技機島を構成する遊技
機群のそれぞれの遊技機3000が稼動状態にあるか

ステップS136,ステップS138:主制御CPU72は割込を禁止した上で、初期値更新乱数更新処理を実行する。この処理では、主制御CPU72は、各種のソフトウェア乱数の初期値を更新(変更)するための乱数をインクリメントする。本実施形態では、大当り決定乱数(ハードウェア乱数)、及び普通図柄に対応する当り決定乱数(ハードウェア乱数)を除く各種の乱数(例えば、大当り図柄乱数、リーチ判定乱数、変動パターン決定乱数等)をプログラム上で発生させている。これらソフトウェア乱数は、別のタイマ割込処理(図12中のステップS212)で所定範囲内のループカウンタにより更新されているが、この処理において乱数値が一巡する毎にループカウンタの初期値(全ての乱数が対象でなくてもよい)を変更している。初期値更新用乱数は、この初期値をランダムに変更するために用いられており、ステップS138では、その初期値更新用乱数の更新を行っている。なお、ステップS136で割込を禁止した後にステップS138を実行しているのは、別のタイマ割込処理(図12中のステップS210)でも同様の処理を実行するため、これとの重複(競合)を防止するためである。なお、本実施形態において大当り決定乱数及び当り決定乱数は乱数回路75により発生されるハードウェア乱数であり、その更新周期はタイマ割込周期(例えば数ms)よりもさらに高速(例えば数μs)であるため、大当り決定乱数及び当り決定乱数の初期値を更新する必要はない。なお、タイマ割込処理については別の図面を用いて後述する。制御CPU72は、受信したコマンドが払出起動指定コマンドである場合には払出起動確認指定コマンドを払出コマンドバッファに出力する一方、そうでない場合は受信データが所定範囲内の値であるか(受信コマンドとして適切な値であるか)を確認した上で範囲外ならば払出エラー指定コマンドを演出コマンドバッファに出力し、さらに状況に応じて払出電波エラーフラグのセットを行う。
【0181】
ステップS142:主制御CPU72は、演出コマンド送信処理を実行する。この処理では、主制御CPU72は演出制御装置124に対し、演出コマンドバッファに出力されている各演出コマンドの送信を行う。
【0182】
ステップS144,ステップS146:主制御CPU72は割込を許可し、その他乱数更新処理を実行する。この処理で更新される乱数は、ソフトウェア乱数のうち当選種類(当り種別)の判定に関わらない乱数(リーチ判定乱数、変動パターン決定乱数等)である。この処理は、メインループの実行中に割込要求が発生し、主制御CPU72が各種割込処理を実行した場合の残り時間で行われる。なお、割込処理の内容については、さらに別のフローチャートを用いて後述する。

デジパチと称されるパチンコ遊技機は、遊技者による発射装置の操作によって遊技媒体である遊技球が遊技盤の遊技領域に発射され、この遊技球が遊技領域に設けられた始動口に入球した場合に、大当りか否かを判定する乱数抽選を行い、その抽選結果を、表示手段が識別図柄を変動、停止表示させ、識別図柄の停止表示態様によって遊技者に報知する、というものである。例えば、識別図柄の停止表示態様が特定の表示態様(例えば、「777」のような三桁のゾロ目)であれば、所定数の遊技球(所謂、賞球)を遊技者に付与することが可能な大当り遊技状態へ移行する。

【0179】
ステップS136,ステップS138:主制御CPU72は割込を禁止した上で、初期値更新乱数更新処理を実行する。この処理では、主制御CPU72は、各種のソフトウェア乱数の初期値を更新(変更)するための乱数をインクリメントする。本実施形態では、大当り決定乱数(ハードウェア乱数)、及び普通図柄に対応する当り決定乱数(ハードウェア乱数)を除く各種の乱数(例えば、大当り図柄乱数、リーチ判定乱数、変動パターン決定乱数等)をプログラム上で発生させている。これらソフトウェア乱数は、別のタイマ割込処理(図12中のステップS212)で所定範囲内のループカウンタにより更新されているが、この処理において乱数値が一巡する毎にループカウンタの初期値(全ての乱数が対象でなくてもよい)を変更している。初期値更新用乱数は、この初期値をランダムに変更するために用いられており、ステップS138では、その初期値更新用乱数の更新を行っている。なお、ステップS136で割込を禁止した後にステップS138を実行しているのは、別のタイマ割込処理(図12中のステップS210)でも同様の処理を実行するため、これとの重複(競合)を防止するためである。なお、本実施形態において大当り決定乱数及び当り決定乱数は乱数回路75により発生されるハードウェア乱数であり、その更新周期はタイマ割込周期(例えば数ms)よりもさらに高速(例えば数μs)であるため、大当り決定乱数及び当り決定乱数の初期値を更新する必要はない。なお、タイマ割込処理については別の図面を用いて後述する。

パチンコ機1に電源が投入されると、乱数発生回路203は、ハード乱数更新処理を開始する。
ハード乱数更新処理では、クロック発生回路202から1クロックが入力されるごと(本実施形態では、0.083[μs]ごと)に、第1ループカウンタ~第3ループカウン
タの値が、所定の範囲内(本実施形態では、0~65535の範囲内)において「1」ずつ更新される。
【0086】
また、ハード乱数更新処理では、クロック発生回路202から32クロックが入力されるごと(本実施形態では、2.666[μs]ごと)に、第4ループカウンタの値が、所定の範囲内(本実施形態では、0~10006の範囲内)において「1」ずつ更新される。
そして、ハード乱数更新処理によって、普通図柄抽選の当り乱数、第1特別図柄抽選の大当り乱数、第2特別図柄抽選の大当り乱数、及び、リーチグループ乱数が、それぞれ、更新される。なお、ハード乱数更新処理は、乱数発生回路203(ハードウェア)の機能として実行され、後述するCPU210がソフトウェアに基づいて実行する処理とは独立して実行される。

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は遊技機の制御装置に関し、発振器の故障等によって異常な遊技状態になるのを防止するための技術に関する。
【0002】
【従来の技術】
パチンコ機やスロットマシン機等の遊技機では、乱数の値によって「当たり」か「はずれ」かを決定している。この乱数の値は通常カウンタでカウントされる値(以下「カウント値」と呼ぶ。)と一致し、一定期間(具体的には2~4ミリ秒間)ごとに一定範囲内で変化させている。すなわち、発振器から出力されるパルス(パルス信号)を受けるごとにカウント値を1ずつ増やし、そのカウント値が上限値に達するとカウント値をクリアして循環させる。例えば、上記一定範囲を0~299と仮定すると、カウント値が0~298のときには1増加させ、カウント値が299のときには0にクリアする。したがって、カウンタは、遊技機の電源投入時(あるいはリセット時)から定期的に巡回して更新し続ける。
【0003】
上記カウント値は、遊技機に設けられている図柄表示器の図柄表示に用いられることが多い。すなわち、図柄変動を開始する始動口に遊技球が入賞すると、その入賞を検出したときのカウント値を読み取る。そして、読み取ったカウント値(以下「読取値」と呼ぶ。)に応じて、その後に図柄表示器に表示する図柄の内容を制御している。
例えば、上記一定範囲のうちで「7」が当たりである場合を仮定する。もし、読取値が「7」であれば、図柄表示器に表示させる図柄の内容を「当たり」の態様(具体的には「777」等の当たり図柄)で停止するように制御する。また、読取値が「7」以外の値であれば、その値に応じて図柄表示器に表示させる図柄の内容を「はずれ」の態様で停止するように制御する。
【0004】
ここで、パチンコ機において遊技球が始動口に入賞するタイミング(以下「入賞タイミング」と呼ぶ。)は、遊技盤面に多数配置された障害釘によって遊技球が乱雑に振る舞うために一様でない。したがって、所定期間ごとに更新されるカウンタのカウント値を入賞タイミングで読み取っても、その読取値は結果的にランダムな値になる。
ところが、カウンタは上記所定期間ごとに更新されるため、ある「当たり」が出てから次の「当たり」が出るまでの周期も一定になる。その周期はカウント値が所定値範囲を一巡する期間に等しくなり、以下「カウント周期」と呼ぶ。上記所定値範囲の例において300個の値を4ミリ秒ごとに更新すると、カウント周期は1.2秒となる。したがって、一度読取値が当たりの値になったときから1.2秒後に遊技球が始動口に入賞すると、そのときの読取値もまた当たりの値となってしまう。
【0005】
ところで、一定周期ごとに振動や音等の信号を発生させるいわゆる「体感器」なるものがある。この体感器が発生する信号に従って遊技者が発射装置のオン/オフを行えば、一定周期ごとに遊技球を発射させることができる。
また、体感器によらず、部材の作動パターンによっては、遊技者が上記一定周期を知り得る場合がある。この部材の作動パターンとしては、例えば遊技盤面に設けられているランプの点滅パターン、スピーカから出る効果音、役物の動作パターン等がある。また、部材の作動パターンは、一般にカウンタの1周期とは無関係のタイミングで作動するようになっている。ところが設計や製造上のミス等の原因によってカウンタの1周期と同期して作動すると、遊技者が上記一定周期を知ることが可能になる。この部材の作動パターンに従って遊技者が発射装置のオン/オフを行えば、一定周期ごとに遊技球を発射させることができる。
ただし、上述したとおり、遊技盤面には多数の障害釘が設けられているため、入賞タイミングは必ずしも周期的には発生しない。
【0006】
そこで本出願人は、上記体感器等による不正遊技を防止するための技術を、特願平9-239854号(未公開)において開示した。この技術では、CPUを作動させる信号を供給する第1発振器とは別個に第2発振器を設け、その第2発振器から出力された信号を受けるごとに上記カウンタのカウント値を変化させる。第1発振器と第2発振器との発振周
波数を異ならせたり、あるいは信号のタイミングをずらすと、体感器等を用いても「当たり」のタイミングを合わせることが極めて困難になる。したがって、不正遊技を防止することが可能となる。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】
しかし、上記第2発振器が故障等によって停止すると、カウンタのカウントも行われなくなる。そのため、カウントが停止したカウント値によっては常に「当たり」になったり、あるいは常に「はずれ」になる。このような状態では、遊技機上の遊技は成立しない。
本発明はこのような点に鑑みてなされたものであり、上記第2発振器が正常な動作をしなくなった場合には遊技機を停止させ、異常な遊技状態になるのを防止することを目的とする。

発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、パチンコ遊技機外部から動作設定用データを入力可能とする外部装置を設け、外部装置から前記動作設定用データを当該パチンコ遊技機に入力し、強制的に遊技動作態様を出現させるように構成したパチンコ遊技機に関するものである。
【0002】遊技場は、新機種のパチンコ遊技機が客の好みに沿ったものかどうかをその遊技内容によって判断し、パチンコ遊技機を遊技場に設置するか否かを決定している。
【0003】特に、最近では、図柄表示装置と、図柄表示装置において図柄変動を開始させるための始動口と、図柄表示装置において確定停止された図柄の組合わせが特定図柄の組合せと一致した場合に(いわゆる大当りとなった場合に)、所定時間に亘って開成される大入賞口とを遊技盤に備えたパチンコ遊技機が、いわゆる第1種のパチンコ遊技機が、遊技者の好みの主流となっている。
【0004】そして、遊技場が、新機種のパチンコ遊技機の遊技内容がいかなる形で展開されていくのかを知るために、パチンコ遊技機の製造業者が遊技内容を説明した上で実際にパチンコ遊技機を動作させ、視覚的に説明するのである。
【0005】ところで、上記の図柄表示装置を備える型式のパチンコ遊技機は、図柄表示装置において所定の確率で大当りを発生させるように構成されており、そのために、所定周期で所定範囲内で循環的に切り換わる大当り判定用乱数を設け、例えば、始動口に入賞が発生したときの大当り判定用乱数の値を記憶しておき、図柄変動を停止させていく過程で、記憶しておいた大当り判定用の乱数の値が、予め設定した大当りの値と一致するか否かにより大当り判定を行い、大当りであれば、大当りの図柄の組み合わせが図柄表示装置に表出されるように、図柄変動を停止させるようになっている。
【0006】また、このようなパチンコ遊技機にあっては、複数の図柄表示部の変動後、順次複数の図柄表示部を停止させていく段階において、全ての図柄表示部の図柄が確定されていない場合であっても、その一部が確定されている段階で、今回の図柄変動に関して外れと認識できる表示態様と、確定されていない残る最後(1つ)の図柄表示部の図柄の如何によっては、大当りとなる表示態様とを有している。もちろん、後者の場合、確定されていない残る最後(1つ)の図柄表示部の図柄が確定された段階で、今回の図柄変動に関して大当りか外れかが認識できる。
【0007】そして、上述した確定されていない残る最後(1つ)の図柄表示部の図柄の如何によっては、大当りとなる表示態様を、遊技者及び当業者の双方でリーチ、または図柄リーチと呼び慣わしており、明細書においては、リーチ表示態様ということとする。
【0008】最近、このリーチ表示態様を複数種類有しているパチンコ遊技機が遊技場に設置されている。このタイプのパチンコ遊技機では、複数種のリーチ表示態様をノーマルリーチ、スペシャルリーチ、スーパーリーチ、ロングリーチ等の呼称を付与して区別しており、しかも複数種のリーチ表示態様の別毎に、大当りとなる確率が異ならせて設定されている。そして、これらのリーチ表示態様のいずれかを選択するためのリーチ用乱数が設けられている。
【0009】このように、大当りの発生確率やリーチ表示態様の選択確率が全て乱数で決められているために、実際にパチンコ遊技機を動作させて遊技場側に視覚的に説明する時、従来は、大当り表示や特定のリーチ表示態様(リーチ動作態様)を即座に具現できず、偶然に任せていた。
【0010】
【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、パチンコ遊技機の外部からのデータ入力に応じて、パチンコ遊技機の図柄表示装置に設定されている所望の表示動作態様を即座に図柄表示装置に具現させることが可能となるパチンコ遊技機を提供することにある。

【発明の効果】請求項1に記載の構成によれば、外部装置から、大当り判定用数値と外れ図柄の数値とリーチ動作選択用の数値と変動動作時間の数値とを設定入力することで、実際にパチンコ遊技機により遊技を行っている上で、大当り外れの何れの場合であっても、選択指定した特定のリーチ動作態様で、変動動作時間の延長変更を図柄表示装置により具現することができる。
【0094】また、図柄表示装置が複数の表示動作態様を備えたものでは、外部装置から特定の動作設定用データを当該パチンコ遊技機に入力することで、強制的に特定の表示動作態様を図柄表示装置に出現させることができる。
【0095】パチンコ遊技機の製造業者が遊技内容を説明した上で実際にパチンコ遊技機を動作させ、遊技場等に視覚的に説明する場合、特定の動作設定用データを入力することで、強制的に大当り表示や外れ表示、リーチ状態を即座に具現でき、大当りの場合であれば特定の大当り図柄を、外れの場合であれば特定の外れ図柄を、大当り外れのいずれの場合であっても、特定のリーチ動作態様や変動動作時間の延長変更を即座に具現でき、非常に有用である。

1記載の弾球遊技機によれば、入賞図柄の決定を乱数を用いた抽選によって行うことにより、入賞図柄の決定について規則性を生ぜず、遊技の公平性を担保することのできる弾球遊技機を提供することができる。また、請求項1記載の弾球遊技機によれば、高確率の入賞領域においては通常の入賞確率の入賞領域では入賞と判定されない乱数値であっても入賞と判定される。
【0043】
これに加え、請求項2記載の弾球遊技機によれば、特に入賞図柄に確率変動図柄を含むものついて、遊技の公平を担保することのできる弾球遊技機を提供することができる。

 

恐ろしいですね

しかも平和・・・メーカーさんですね

まああくまでも特許申請してあるだけなので

これがホールにあるとは限りませんが

 

怖いですね

 

次回は特許から見るメーカーさんの歴史と

一体何と戦ってこうなったのかを

特許から読み取りたいと思います

イベント豊富でユーザー還元が高めのオンカジ

YOUS CASINO ユースカジノ

これは圧倒されます・・・

 

とにかくボーナスやイベントが多くて飽きさせない感が満載!

正直束子はユースカジノさんには良い印象が無かったのですが

これを見ている限りではウズウズするイベントばかりで

運営サイドの有能さが垣間見えますね・・・

 

色々とボーナスが多い反面、ルールも厳しく細かく沢山明記されています

ルールに従わないとボーナス自体を貰えないどころか

すべて没収になる事もあるのでしっかりと規約に目を通してください

一例として下に記しておきます

 

 

 

<初回入金限定スロットボーナス禁止ゲーム>

以下、スロットゲームは本プロモーションでは禁止ゲームとさせて頂きます。

ボーナスプレイで禁止ゲームを1ゲームでもプレイされた場合、ボーナス及び勝利金は没収させていただきますので、くれぐれも予めご注意下さいませ。

 

  • Play’n GO

Tower Quest、Eye of the Kraken、Pearls of India、Cops'n'Robbers、Rage to Riches、Gemix、

  • Netent

Dead or Alive、Dead or Alive 2、Eggomatic、Lucky Angler、Secret of the Stones、Blood Suckers、Hansel and Gretel、Koi Princess

  • Microgaming

Castle Builder、Castle Builder II、Scrooge、Stardust、Peek-a-boo、Beautiful Bones、Cool Buck、The Twisted Circus、Immortal Romance、Mega Moolah、Tomb Raider、Tomb Raider: Secret of the Sword、Book of Oz、Treasures of Lion City

  • YGGdrasil

Vikings Go Berzerk、Vikings Go to Hell

  • Betsoft

Max Quest、Gypsy Rose

  • RedTiger

Mega Rise、Well of Wishes、Dynamite Riches

  • Pragmatic Play

Bronco Spirit、Golden Beauty™

 

原則、上記ゲーム以外でも本プロモーションでのボーナスプレイで、意図的にゲーム内ステージをボーナスマネーで進める行為を禁止します。

 

 

<初回入金限定スロットボーナス注意事項>  

  • 本ボーナスは、初回入金者様のみご参加いただけます。
  • お一人様1回のみご利用可能です。
  • 本プロモーションは、ご入金後ボーナスをお受け取る前にご遊戯いただいても可能ですが、ボーナスをお受け取り時の残高がボーナスを受け取るのに必要な入金額を下回った場合、ボーナスをお受け取りいただけませんので、ご注意くださいませ。
  • ボーナス賭け条件は「ご入金額+ボーナス額」に対しての倍率となります。
    残高が$1を下回りますとボーナス条件は解除されます。
  • 本ボーナスをご利用された場合、定められた賭け条件をクリアしていない状態では、いかなる場合でもご出金頂けません。
  • ボーナス有効期限は、ボーナス取得後30日間となっており、30日を過ぎますとボーナスは自動的に消滅致します。
  • 本プロモーションへの初回入金について、「VIPクラス特別昇格」との併用は不可となっております。
  • ローリスクベット等を行われていると判断された場合、本プロモーションの対象外となる場合がございます。
  • 本プロモーションの出金賭け条件を満たす為、通常のゲームプレイと異なる様なプレイ、ゲームのメカニズムを意図的に乱用・悪用する等の全ての不正行為が発見又は当カジノが独自の裁量でみなした場合、当カジノは全てのボーナス、勝ち金の没収を該当アカウントに行う権利を有します。
  • ボーナスゲームの購買(フリースピンを含む)は禁止となります。
  • 当カジノは本プロモーションを独自の判断で変更、改正又は終了できる権利を有します。
  • 毎日01:00AM~02:00AMはシステムメンテナンスのため、【セルフ入金ボーナス】はご利用頂けません。

チェリーカジノ

https://ads.cherrycasino.com/tracking.php?tracking_code&aid=116945&mid=6000&sid=430917&pid=2694

      2020/09/25

 - オカルトde攻略